清水エスパルス、残留争いから脱出。「しぶとさ」もたらす2トップの力

清水エスパルス、残留争いから脱出。「しぶとさ」もたらす2トップの力

清水エスパルス、残留争いから脱出。「しぶとさ」もたらす2トップの力の画像

9月29日、味の素スタジアム。10位の清水エスパルスは、3位のFC東京を敵地で0−2と打ち破っている。勝てば上位への視界は広がるが、負けた場合は完全に残留争いに巻き込まれる。緊迫した状況での勝ち点3は、大きな意味を持っていた。

「今シーズンは一度も降格圏に落ちてはいないので、チームの雰囲気は悪くないですよ。(残留争いと)ナーバスにはなっていません。(負けが込んで)危なくなると勝っているし、しぶといところはあるかなぁと」

 昨シーズン、ヒリヒリした残留戦を戦ったFWの長谷川悠は、試合後に訥々(とつとつ)と証言している。

 FC東京を下して、残留争いから脱した清水。その「しぶとさ」の根っこはどこにあるのだろうか。


FC東京戦で先制ゴールを決めた北川航也(中央/清水エスパルス)

 台風24号が忍び寄る影響で、雨中での一戦だった。そんなコンディションもあったのだろうか。前半の攻防は膠着気味だった。

 FC東京は森重真人、チャン・ヒョンスのセンターバック、ボランチの橋本拳人が常に三角形を組み、ゴール正面への通路を遮断。ほとんど攻め手を与えていない。彼らの守りのリズムだった。一方の清水も慎重だった。

「まずは守備から入る、という共通意識でプレーしていた」(清水・GK六反勇治)
 
 前節のガンバ大阪戦では立ち上がりで失点したことで、前半はむしろ、やや守備に重心を置き過ぎていたか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)