錦織圭がジャパンOPで好発進。杉田祐一との初対決には「緊張した」

錦織圭がジャパンOPで好発進。杉田祐一との初対決には「緊張した」

錦織圭がジャパンOPで好発進。杉田祐一との初対決には「緊張した」の画像

錦織圭が、ジャパンオープンに帰って来た――。
 楽天ジャパンオープン1回戦で、第3シードの錦織(ATPランキング12位、10月1日づけ/以下同)は、杉田祐一(110位)を、6−4、6−1で破り、2年ぶりに2回戦へ進出を果たした。28歳の錦織と30歳の杉田の対戦は、プロになってから初となり、それを東京で実現させた形だ。

意外にもプロ初対決となった錦織圭(左)と杉田祐一

「もちろんやりたくない選手ですけど、いつかは日本人と当たる時も来るかなと思っていました。今年は、彼と同じ大会をずっと回っていて、いつかは当たるんだろうなって。それが、日本でやらなくてもよかったんですけど……。お互い、いい試合ができればうれしい」
 このように試合前日に錦織が語れば、杉田も日本での初対決に少しだけ戸惑いを覚えた。
「ここで来るか、という感じでした。(錦織と)同じ大会に出るようになって、彼のプレーをずっと見てきましたし、どこか大きな所で当たれたら楽しいなと思っていました」
 1回戦が始まると、杉田以上に錦織の動きが硬く、ミスの多いテニスをした。
「自分でもびっくりするぐらい体が重くて、2年ぶりの日本ということもあったと思いますし、いいプレーをしたかったという思いもあるし、相手が杉田選手というのもあった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)