ア・リーグプレーオフは激戦か。台風の目は強力救援陣のアスレチックス

ア・リーグプレーオフは激戦か。台風の目は強力救援陣のアスレチックス

ア・リーグプレーオフは激戦か。台風の目は強力救援陣のアスレチックスの画像

小島圭市が占うMLBポストシーズン〜ア・リーグ編
ナ・リーグ編はこちら>>
 昨年ワールドシリーズを制したヒューストン・アストロズ。今季108勝をマークしたボストン・レッドソックス。強力先発陣で中地区を制したクリーブランド・インディアンス。シーズン268本塁打のメジャー記録を更新したニューヨーク・ヤンキース。メジャー屈指の強力ブルペンを擁するオークランド・アスレチックス。

今年のア・リーグのポストシーズンはこれまでにないほど熾烈な戦いになりそうだ。果たして、ここを勝ち抜き、ワールドシリーズに進むのは? かつてロサンゼルス・ドジャースのスカウトとして活躍され、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの顧問である小島圭市氏に占ってもらった。


今シーズン、20勝をマークしたインディアンスのコリー・クルーバー

 昨年のワールドチャンピオンのアストロズは、ここにきてチーム力が一気に上がってきた印象があります。9月中旬まではそれほど調子はよくなかったのですが、ケガをしていた主力が戻ってくると同時に歯車がかみ合い出し、昨年のような強さを感じます。

 昨年のプレーオフでも活躍したジョージ・スプリンガー、ホセ・アルトゥーベ、カルロス・コレア、アレックス・ブレグマンなど、層の厚い打線は今年も健在です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)