ホンダ全従業員の想いを乗せて。トロロッソは鈴鹿で大輪を咲かせるか

ホンダ全従業員の想いを乗せて。トロロッソは鈴鹿で大輪を咲かせるか

ホンダ全従業員の想いを乗せて。トロロッソは鈴鹿で大輪を咲かせるかの画像

今年も日本GPの週末がやってきた。ホンダにとっては2015年に復帰してから4回目、トロロッソとタッグを組んで初めての鈴鹿になる。そして、過去4回でもっとも大きな期待を持って臨む日本GPと言ってもいいかもしれない。


ホンダは地元・鈴鹿でパワーユニット「スペック3」の実力を発揮できるか

 前戦のロシアGPで投入したスペック3は、アップシフト時のオシレーション(回転数のブレ)やドライバビリティの問題で予選・決勝での使用を見送ったが、ベンチテストでセットアップの熟成を進めたことで日本GPへの投入準備が整った。

 ホンダのエンジニアによれば、調整作業はあくまで想定の範囲内だったといい、田辺豊治テクニカルディレクターもこう説明した。

「ソチの初日で使ったスペック3を投入します。まだミルトンキーンズでテストをしているんですけど、みなさんにお見せできるようなかたちになりつつあると思います。オシレーションは従来レベルに収めるセッティングをいろいろとトライして、使える見通しは立っています。いずれにしても、明日はスペック3で走って、土曜日からどうするかを最終判断します」

 HRD Sakuraからスペック3パワーユニット、イタリア・ファエンツァからギアボックスとエンジニアを送り、英国ミルトンキーンズでは火曜日からベンチテストが行なわれた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)