錦織圭が悔しすぎる準優勝。残り3大会でツアー最終戦への出場を争う

錦織圭が悔しすぎる準優勝。残り3大会でツアー最終戦への出場を争う

錦織圭が悔しすぎる準優勝。残り3大会でツアー最終戦への出場を争うの画像

「ショックはショックですけど……。さっきはショックでしたけど、なるべく気持ちを切り替えないといけない」
 楽天ジャパンオープン決勝で、第3シードの錦織圭(ATPランキング12位、10月1日づけ/以下同)は、予選から勝ち上がって来たダニール・メドベージェフ(32位、ロシア)に、2−6、4−6で敗れて、4年ぶり3度目の優勝は実現せず、表彰式の前には、ベンチで首を垂れてタオルに顔をうずめる姿も見られた。

ここまでいい試合をしてきただけに、決勝では悔しい敗戦となった錦織圭

 22歳のメドベージェフは、”Next Gen”と呼ばれる若手期待選手のひとりで、今季は1月のATPシドニー大会と8月のATPウィストン セーラム大会で優勝して、初めてトップ50入りをしてきた。フィジカル強化に励み、オフコートではゲームを夜遅くまでせず、生活態度をあらためて、プロらしく自己管理をするようになって結果も伴ってきた。
 錦織とメドベージェフとは、今年のマスターズ(以下MS)1000・モンテカルロ大会2回戦で一度だけ対戦したことがあり、錦織がストレートで勝っていた。急成長してきたメドベージェフを錦織は、「サーブがよかったり、バックのフラットで打って来るショットだったり、楽な相手ではない」と警戒していた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)