西武もヤクルトも好機で代打なし。打席に立つ両エースが背負った信頼


石井 僕自身も、「代打かな?」と思っていましたけど、チームからの信頼を感じられたのはすごくうれしかったですね。正直なことを言えば、「打てないよ」って気持ちのほうが先に立ったんです。そのときに、ベンチの石毛さんから呼ばれて、「タケ、バッティングも気持ちだからな」って言われて、必死でボールに食らいつきました。あのひと言がなかったら絶対に打てていなかったと思うし、一生忘れられない言葉です。
――まさに、石毛さんもこの場面のことを熱く語っていました。石井さんの打球は、センターを守っていた飯田哲也選手のグラブをかすめてタイムリーヒットとなりました。
石井 石毛さんの言葉がなかったら、絶対にバットに当たっていませんでしたね。僕自身もビックリして、走り出すときに空足を踏んで、すっ転びそうになっているんです(笑)。だから、ボールが飯田くんのグラブに当たって転がっていたのにセカンドまで行けなかったんです。でも、あの1点がなかったら延長戦にもならなかったわけだから、本当に奇跡的な一打だったと、自分でも思います。

精も根も尽き果てて、胴上げに参加できなかった
――そして、その直後の7回裏にはシリーズ屈指の名場面が訪れます。1−1の同点、スワローズは1アウト満塁のチャンスを作ります。代打に登場したのは初戦で代打サヨナラ満塁ホームランを放った杉浦享選手。

関連記事(外部サイト)