西武もヤクルトも好機で代打なし。打席に立つ両エースが背負った信頼

もともと腰はよくなかったんだけど、この年はシーズン終盤にはベッドでも寝られないほど腰を痛めていました。そんな状態で日本シリーズを迎えたんです。
――この年は第4戦に先発、そして第7戦ではリリーフ登板でした。
石井 第4戦は、川崎(憲次郎)くんがヤクルトの先発だったんですけど、本当に彼のボールは打てなかったですね。僕もどうにか投げていたんだけど、1点を取られて4回で降板。やはり、この年はそれぐらいの信頼しか得られていなかったんですね。前年のシリーズではすごく信頼されていたのがわかっていただけに、本当に残念でした。
――1992年と1993年、スワローズとの2年間の日本シリーズを振り返っていただけますか?
石井 西武もヤクルトも似たような野球をやるチームでしたが、ヤクルトは野村監督の下で、緻密で相手が嫌がるような野球をしていましたね。当時の西武は一流選手が揃っていたけど、この頃のヤクルトはまだ出始めというか、そこまで実績のないチームだったのが、チームとしての成長をすごく感じました。若い選手が一気に台頭して、勝つべくして勝ったのが1993年のヤクルトでしたね。「よっぽど、1992年の敗戦が悔しかったんだろう」と思います。
―― 一方のライオンズは、どのような変化を感じましたか?
石井 1990年代前半までは、本当に隙のない緻密な野球をして、チーム力で勝負していました。

関連記事(外部サイト)