「青木宣親は別人になっていた」小川監督が明かすヤクルト再建の全貌



「やはりビジターで勝つことによって、連敗は止まります。選手たちの意識も変わってきて当然ですよね。マツダスタジアムや東京ドームで連敗が続いているとか、ナゴヤドームで勝てないとか……。事実として残っているのですが、過剰意識になることもよくないので、そこを払拭できたのは大きかったですね。

 今シーズンは広島以外の球団に勝ち越すことができましたが、広島には接戦しながらも大きく負け越したという事実がある。そこは今後の課題として残りますが、逆に極端な数字が出たのは今後に向けていい材料になると思っています」
―― 春のキャンプでは、「若い選手を育成することが、自分の使命だと思っている」とおっしゃっていました。

「うちはレギュラーの年齢が比較的高いのと、選手層も厚くない。なので、若い選手が試合に出られる環境にありました。そのなかで、一軍で実績のなかった風張(蓮)や中尾(輝)、梅野(雄吾)らを思い切って使うことができた。彼らが少しずつ結果を残し、もちろん打たれることも多いですが、これからに向けていい経験ができたんじゃないでしょうか」

―― 思い切った起用のなかでも、結果を残さなければ試合に出られないなど、厳しさもありました。

「たとえば野手に関しては、廣岡(大志)と西浦(直亨)を昨年の秋からずっとショートで競わせました。

関連記事(外部サイト)