なぜライオンズの本拠地メットライフドームは本塁打が出やすいのか?

なぜライオンズの本拠地メットライフドームは本塁打が出やすいのか?

なぜライオンズの本拠地メットライフドームは本塁打が出やすいのか?の画像

「メットライフドームはボールが飛びます」

 2018年のパ・リーグ本塁打王を手中に収めている山川穂高(西武)が記者陣に驚きの”現象”を明かしたのは、今季39号・40号を連発した翌日、9月16日に本拠地で行なわれたソフトバンク戦の前だった。


山川穂高は「メットライフドームはボールが飛ぶ」と語った

 最初は山川独特の感覚かと思ったが、セイバーメトリクスの「ホームランパークファクター」という、どの球場で本塁打が出やすいかという指標を見ると、山川の指摘するような結果が出ている。

 昨季のパ・リーグではメットライフドームがもっとも高くて1.401、次点はヤフオクドームで1.251。最下位はZOZOマリンスタジアムで0.647(データ『スポーツナビ』参照)。

 今季(9月28日時点)もメットライフドームがもっとも高くて1.26、次点は楽天生命パーク宮城で1.09。最下位は札幌ドームで0.61だ(データ『日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog』参照)。

 メットライフドームで本塁打が出やすい理由のひとつは、「山賊打線」の西武が本拠地で打ちまくっていることが考えられる。47本塁打の山川を筆頭に、リーグ3位の32本の浅村栄斗、同6位で28本の中村剛也らを擁し、チーム本塁打はリーグで2番目に多い196本だった(10月10日時点)。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)