日本記録更新の大迫傑はシカゴマラソンで日本人らしからぬ走り方だった

日本記録更新の大迫傑はシカゴマラソンで日本人らしからぬ走り方だった

日本記録更新の大迫傑はシカゴマラソンで日本人らしからぬ走り方だったの画像

【大迫傑インタビュー 前編】
 日本時間10月7日に行なわれたシカゴマラソンで、大迫傑(すぐる:ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が2時間5分50秒の日本記録を樹立。今年2月の東京マラソンで設楽悠太(Honda)がマークした記録を21秒更新して、日本人初の2時間5分台に突入した。激闘を終えて日本に帰国した大迫は、日本マラソン界にとって特別なレースになったシカゴを振り返った。

シカゴマラソンで3位に入り、日本記録を樹立した大迫 photo by AP/AFLO

 スタート時の気温は13度、湿度95%、風速4m。雨上がりのコンディションは、大迫にとって「非常に走りやすい気候」だったという。昨年4月のボストン、同年12月の福岡国際と同じく白のキャップをかぶり、大迫はスタートを切った。
 ふたりのペースメーカーを含めて、トップ集団にはナイキのオレンジ色のシューズが目立つ。大迫も「ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」を履いている。世界のメジャーレースを席巻している厚底シューズの最新モデルだ。
 高速コースとして知られるシカゴは久しぶりにペースメーカーが復活した。長距離界のスーパースターであるモハメド・ファラー(英国)は「61分半前後」で、前年覇者のゲーレン・ラップ(米国)は「63分前後」でハーフを通過したいと要望。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)