快勝なのに浮かない表情。「天邪鬼」な青山敏弘が素直に語った不満点

快勝なのに浮かない表情。「天邪鬼」な青山敏弘が素直に語った不満点

快勝なのに浮かない表情。「天邪鬼」な青山敏弘が素直に語った不満点の画像

3−0の快勝劇だったにもかかわらず、試合後の青山敏弘は浮かない表情だった。好パフォーマンスを称えても、「どうですかね……」と、苦笑いを浮かべるばかり。
 もともと、天邪鬼(あまのじゃく)なタイプではある。いいプレーをした日にかぎって、「全然ダメだったでしょ」とか「たまたまですよ」とか、自嘲する。でも、その表情は晴れやかだから、それが嘘だというのはバレバレだ。

パナマ戦でキャプテンマークを巻いてプレーした青山敏弘

 ところが、パナマ戦の後は明らかに納得のいかない様子だった。そのパフォーマンスは秀逸だったのに。
 森保一監督の初陣となった先月のコスタリカ戦に続き、キャプテンマークを巻いてスタメン出場した青山は、立ち上がりからまさにピッチ上の司令官として、堂々とした振る舞いを見せていた。
 やや低めの位置を取り、最終ラインからのボールを受けると、両サイドに力強いインサイドキックでパスを散らして、リズムを生み出していく。プレッシャーが強かったコスタリカとは異なり、パナマが前から取りに来なかったこともあったが、青山は自由自在にボールを引き出し、パスを出し続けた。
 味方もここに預けておけば安心というばかりに、一旦はこの背番号17にボールを託す。攻撃のすべてが青山から始まっていたといっても、大げさではないほどだった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)