スカウト注目の75本塁打男は、3つの見えない武器を売りにプロで勝負

スカウト注目の75本塁打男は、3つの見えない武器を売りにプロで勝負

スカウト注目の75本塁打男は、3つの見えない武器を売りにプロで勝負の画像

野球のベースは2種類ある。上の面に丸みがあるものと、箱のように角ばっているものだ。甲子園など多くの球場は前者だが、昨年までの高崎城南球場は後者だった。
 この違いに、ほとんどの高校生は気がつかない。というよりも、気にもしない。だが、健大高崎3年・山下航汰(右投左打/外野手)は違った。
「ベースを踏むとき、丸いとクッションがあるから(踏むときの衝撃を)吸収してくれる。その勢いを使ってふくらまず走塁できるんですけど、角ばっていると硬くて凹まないので、失速するし、足もくじくんです」

高校通算75本塁打の健大高崎・山下航汰

 一塁ベースを回る際、健大高崎では左足でベースの本塁側の側面を踏むことになっているが、高崎城南球場に限っては、山下はベースを踏む足を右に変え、踏む位置も本塁側の二塁ベース寄りの角に変えていた。それでもしっくりこなかったため、踏む位置を微妙にずらし、足の角度も修正。スパイクのつま先側の刃をベースにかけ、ベースを陸上のスターティングブロックのように使えるようにした。
「そのままやったら絶対ケガするじゃないですか。それと、ベースの角を踏んでも加速する勢いがでなかったので……」
“機動破壊”をキャッチフレーズに走塁にこだわる健大高崎のなかでも、そんな工夫をしていたのは山下だけ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)