森祇晶が野村克也の采配に疑問。「なぜ秋山幸二と勝負だったのか」

1992年、そして1993年の日本シリーズは球史に残るシリーズだったと思う。もっと正確に言うとしたら「監督同士の戦い」というのかな。正直なところ、「野村ヤクルト」との個人的な戦いだったシリーズ。そういう見方を当時はしていましたね。
――「チーム」ではなく、「監督」として戦った日本シリーズだった?
森 うん。それまでに経験したことのないシリーズでした。表面的に見れば、1992年は西武が4勝3敗、1993年はヤクルトが4勝3敗で、ともに一度ずつ日本一になっている。でも、その内容たるや、一歩間違えればどっちに転ぶかわからない場面の連続でしたね。相手がこんな手を打ってくる。だから、こちらは我慢する。次にこちらが手を打つ。しかし、相手は誘いに乗ってこない。そういう場面がいっぱいあったし、久々にチームの戦いの他に、監督同士の戦いというのを感じたシリーズでしたね。
――それは、1990年のジャイアンツ、翌1991年のカープとの日本シリーズとはまったく違う心境だったのですか?
森 広島のときも、巨人のときも相手の監督を意識する戦いはしてこなかった。でも、1992年、そして1993年のヤクルト・野村(克也)監督との戦いというのは、お互いが野球を知り尽くした監督同士が戦うわけです。用兵にしても作戦にしても、お互いの読み合いなんだよ。「ここでピンチヒッターを出してくるだろう」「ここでピッチャーを代えてくるだろう」と思って”誘い”を出しても乗ってこなくてね。

関連記事(外部サイト)