小さくても大丈夫。メッシのような中島翔哉がさらに成長する予感

ボールを持っている時も、そうでない時も。楽しくやろうと考えてしまうとなかなかできないので、自然に。ずっとサッカーをやってきたから、考えなくても体が勝手に動いてくれると思っています。迷うことが一番良くないですね。強い相手(との対戦)は好きですけど、どの舞台、どの試合、どの練習でも、サッカーは常に楽しいもの」
 新たな日本代表のエースナンバーを背負うのは、純粋無垢なサッカー少年がそのまま成長したような24歳だ。ただし、プレーはその表情ほど優しくはない。中島が左サイドでボールを持って前を向けば、対峙する守備者は混乱に陥る。ちょうど、メッシをマークする者たちと同じように。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)