日本生命レッドエルフ村上監督が熱弁「Tリーグを祭り後の受け皿に」

日本生命レッドエルフ村上監督が熱弁「Tリーグを祭り後の受け皿に」

日本生命レッドエルフ村上監督が熱弁「Tリーグを祭り後の受け皿に」の画像

Tリーグ・日本生命レッドエルフ総監督 村上恭和インタビュー
「私にとっては久しぶりの大舞台。そりゃあ、わくわくしていますよ」
 10月25日、Tリーグ女子開幕戦でTOP名古屋と対戦する日本生命レッドエルフの総監督を務める村上恭和(やすかず)は、そう言って笑顔に勝負師の顔をにじませた。日本生命を日本リーグの常勝チームに育てあげ、オリンピックでは女子代表監督として2012年のロンドン五輪、2016年のリオデジャネイロ五輪と2大会連続で日本を団体戦メダル獲得に導いた名将は、どんな未来をTリーグに重ねているのだろうか。


早田ひな(左から2番目)、平野美宇(右から2番目)らを擁するレッドエルフ

――Tリーグがいよいよ開幕します。女子の開幕ゲームに臨む心境から聞かせてください。
「オリンピックで味わったようなドキドキ感を味わえたら最高ですね。対戦相手はTOP名古屋ですが、うちのチームには平野美宇と早田ひなの高校生コンビに、石垣優香や前田美優、森さくらという日本のトップ選手がいますから、もちろん勝利をつかみにいきます。何より、会場に来てくださったお客さんが卓球の魅力を堪能できるゲームをお見せしたいですね」
――日本生命は日本リーグの強豪チームでした。Tリーグへの参戦を決めた最大の要因はなんでしょうか?
「日本生命を率いて30年近くになりますが、日本リーグの前後期あわせて計58シーズンに出場して、31回の優勝を果たしました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)