森薗美咲、政崇、美月の壮絶卓球人生。「父は星一徹のように厳しかった」

森薗美咲、政崇、美月の壮絶卓球人生。「父は星一徹のように厳しかった」

森薗美咲、政崇、美月の壮絶卓球人生。「父は星一徹のように厳しかった」の画像

卓球一家・森薗家物語(前編)

 10月24日に開幕するTリーグ。リーグ戦には松平家(賢二、健太、志穂)、吉村家(真晴、和弘)、張本家(智和、美和)などの兄弟が参戦しているが、これまでに卓球界で大きな輝きを放ち、今も異彩を放っているのが森薗家だ。


TリーグのTOP名古屋に所属する森薗美咲

 森薗家とは美咲(26歳)、政崇(23歳)の姉弟と従妹の美月(22歳)の3人のことである。Tリーグで美咲はTOP名古屋、政崇は岡山リベッツ、美月は木下アビエル神奈川でプレーする。

―― 森薗家の個性とは。

「みんな、変わっている。自覚ないですけどね」

 政崇は、笑ってそう言う。

 卓球界は兄弟でプレーするところが多く、いずれも日本のトップクラスにある。どんなスポーツでもそうだが長男や長女がプレーしていると、弟や妹たちはその影響を受け、同じ道を歩む。

 森薗家もそうだった。
 
 美咲と政崇の父である誠と美月の父である稔は双子の兄弟で、ともに卓球選手だった。兄は美月の父である稔で、現役時代はサンリツでプレーし、弟・誠はシチズンでプレーしていた。現役時代は、ともに負けず嫌いで、ライバル心を燃やしていたという。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)