野村克也が名捕手2人を評価。どちらもいいが「古田敦也のほうが上」

野村克也が名捕手2人を評価。どちらもいいが「古田敦也のほうが上」

野村克也が名捕手2人を評価。どちらもいいが「古田敦也のほうが上」の画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(16)
【指揮官】ヤクルト・野村克也 後編
(前編の記事はこちら>>)
「伊東よりも、古田のほうが断然上だよ」
――1992年、翌1993年の日本シリーズでは、「野村克也・森祇晶対決」に加えて、スワローズ・古田敦也、ライオンズ・伊東勤の「キャッチャー対決」も話題となりましたね。
野村 1992年は3勝4敗で敗れて、1993年は4勝3敗でヤクルトが勝った。これはやっぱり、古田の成長だよ。オレも経験あるけど、日本シリーズを経験したキャッチャーは、急に腕を上げるものなんです。キャッチャーがもっとも成長する舞台は日本シリーズ。「優勝チームに名捕手あり」なんだね。


野村監督のもとで成長を遂げた古田 photo by Kyodo News

――1992年の敗戦を経て、古田捕手は急成長したわけですね。
野村 日本シリーズというのは、1球たりともおろそかにできないものだから。古田のいいところは、野球頭脳が飛び抜けていいところだったね。いろんなことを覚えるのがとても早くて、何より肩が強かった。手前味噌になるけど、彼はオレと出会えてよかったんじゃないの? 本人は絶対にそんなことは言わないけど(笑)。「功は人に譲れ」というのがキャッチャーなのに、彼の場合は「功は自分のもの」というね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)