ホンダかレクサスか。スーパーGT王座争いは最終戦決着へ

ホンダかレクサスか。スーパーGT王座争いは最終戦決着へ

ホンダかレクサスか。スーパーGT王座争いは最終戦決着への画像

2018シーズンも終盤となったスーパーGT第7戦が10月20日〜21日、大分県のオートポリスで開催された。GT500クラスを制したのはKeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)。昨年王者のナンバー1がようやく今季初優勝を手にした。


スーパーGT第7戦を制した昨年王者のKeePer TOM'S LC500

 決勝レースはレクサス勢が久しぶりに強さを見せる展開となり、終わってみればトップ4を独占する形で幕を下ろした。しかし、前日の公式予選が終わった後、ここまでレクサス勢がレースを支配するとは、ほとんどの関係者は予想していなかっただろう。

 20日に行なわれた公式予選。GT500クラスは、3メーカーの明暗がはっきりと分かれた。

 全15台から上位8台に絞られるQ1は、オートポリスで優勝経験の豊富な日産GT-R勢が苦しむ予想外の結果となる。なんとQ1で、4台の日産陣営がすべて敗退してしまったのだ。それとは対照的に、好調なタイムを叩き出したのはホンダNSX-GT勢。前回のSUGOで優勝した勢いをそのままに、5台全車がQ2進出を果たした。

 調子のよさはQ2でも変わらず、ナンバー8のARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)がコースレコードを1秒以上も上回る1分31秒441をマーク。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)