シームレスな「攻守一体」。森保ジャパンの狙いを福田正博が解析する


 ただし、試合の局面を、『攻撃/トランジション/守備』と厳密に区分することは難しい。最先端のサッカーにおいては、攻撃から守備、守備から攻撃にかけて『シームレス化』が進んでいるからだ。
「攻撃は最大の防御」という言葉のとおり、攻撃と守備は表裏一体。だからこそ、攻撃的なポジションの選手は「ボールを失ったら仕事は終わりで、あとは守備陣に任せる」と考えるのではなく、攻撃と守備を『ひとつながりのもの』と認識して、再び攻撃に転じるために素早くプレッシングをかけていく必要があるということだ。
 こうした意識は、練習時から必ずゴールを置いてトレーニングをしなければ養えないものだ。ただ、日本では育成年代からトップレベルまで、練習の時に「攻撃は攻撃」、「守備は守備」と区分しているケースがまだあるように思う。これでは攻守の切り替えの『トランジション』の意識を高められない。ユース年代の選手を指導するコーチには、どんな練習であってもゴールを必ず置いてもらいたいと思う。
 森保ジャパンは、この攻守一体の意識を選手全員が高いレベルで共有し、攻撃時には守備への備えをし、守備のときは攻撃への準備もしている。前線に起点となる1トップの大迫勇也(ブレーメン)がいて、その周囲を衛星のように動く役割の南野がトップ下に位置し、両サイドMFの中島翔哉(ポルティモネンセ)と堂安律(フローニンゲン)が中央に絞ってプレーする。

関連記事(外部サイト)