五輪世代・立田悠悟は、森保監督が落とした雷で「スイッチが入った」

五輪世代・立田悠悟は、森保監督が落とした雷で「スイッチが入った」

五輪世代・立田悠悟は、森保監督が落とした雷で「スイッチが入った」の画像

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(2)
清水エスパルス・立田悠悟@前編

 身長189cmのセンターバックで、足もとの技術にも光るものをのぞかせる。清水エスパルスのアカデミーから昇格した昨シーズンはリーグ戦未出場に終わったが、年末に東京五輪代表の立ち上げとなったタイ遠征に招集されると、森保一監督の信頼を掴み取った。

一方、クラブでもサイドバックとしてレギュラーの座を射止め、試合を重ねるごとに自信を深めている。飛躍のプロ2年目を送っている立田悠悟の胸中に迫った。

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


DF立田悠悟(たつた・ゆうご)1998年6月21日、静岡県生まれ。清水エスパルスユース出身

―― 今年の初めごろと比べて、表情がたくましくなったように感じます。周りから言われません?

立田悠悟(以下:立田) それ、言われます。顔つきが変わってきたねって。自分ではわからないですけど(笑)。まあ、ここまでいろいろありましたから。

―― 清水エスパルスでも、U−21日本代表でも、貴重な経験を積みましたよね。では、U−21日本代表の話から。1月のU−23アジア選手権でも、3月のパラグアイ遠征でも、失点につながるミスを犯したなかで迎えた8月のアジア大会。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)