バラは再び咲く。NBA元MVP・ローズがスタイルチェンジでキャリアハイ

バラは再び咲く。NBA元MVP・ローズがスタイルチェンジでキャリアハイ

バラは再び咲く。NBA元MVP・ローズがスタイルチェンジでキャリアハイの画像

バラの花が、再び咲いた――。

 現地10月31日、デリック・ローズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/PG)がユタ・ジャズ戦でキャリアハイとなる50得点を叩き出す。それまでのローズのキャリアハイは2011年5月。7年半も前に記録した44得点だった。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。


50得点をマークした試合後、観客の声援に涙するデリック・ローズ

 時計の針を巻き戻せば、2011年はローズが史上最年少の22歳でMVPを受賞したシーズン。誰もがこの若者に、どれほど輝かしい未来が待っているのだろうと、夢を見ずにはいられなかった。

 しかし、ローズのキャリアは暗転する。2012年のプレーオフで左ひざ前十字じん帯を断裂し、翌シーズンを全休。さらに復帰後に右ひざ半月板も損傷し、ふたたび長期離脱。2015年には再度、右ひざの半月板を痛め、通算3度目の手術を行なった。

 度重なる故障と手術の影響で、ローズの爆発的なスピードと得点力は失われた。2012年を最後に、ローズが平均得点で20得点をオーバーしたことは、一度もない。

 シカゴ・ブルズで華々しいキャリアをスタートしたローズは、その後、ニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズと渡り歩く。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)