残留ファーストの磐田。持ち味を捨て、腹をくくって勝ち点1奪取

室屋、太田のサイドバックにあそこまで頻繁に上がられてしまった。ギリギリで失点を回避することができて、PKのところはゲームのポイントになった」(磐田・名波浩監督)

 凌いだ磐田は後半、戦いを修正した。前線からのプレスを強めつつ、回避されたらリトリート(後退)し、人海戦術でスペースを消して守備を固め、状況を挽回。攻撃は単発ながら、相手を警戒させるだけの力はあった。山田がひとりで切り込み、惜しいシュートを放つ。大久保は遠目から無回転のシュートを狙っている。分厚い守備と一発のカウンターで、消耗戦に持ち込んだ。

「今は(残留争いだから)しょうがない。まず守備から入って、ゴールが無理なら、下がってキープして、ゲームを作って。そこは(監督から)『自由に(判断して)』と言われているから」(磐田・大久保嘉人)
 たとえ個人の持ち味を殺しても、今はチームとして結果をつかむ必要があるのだろう。チームの共通意識として、その気持ちの強さは見せた。どうにか戦術、戦力の劣勢を補った。

 最後は、総力戦になっている。
 
 リンス、永井謙佑、矢島輝一と、FWを3枚も投入してきたFC東京に対し、磐田はまさに風前の灯火だった。勝ち点1の確保を優先したのだろうが、気持ちまでが守りに入ってしまい、全体が下がる。クリアもクリアにならず、自陣に押しやられてしまう。

関連記事(外部サイト)