残留ファーストの磐田。持ち味を捨て、腹をくくって勝ち点1奪取

波状攻撃を受け、決定的なシュートを立て続けに打たれている。

 それでも球際で食らいつき、身体を張った。この気迫が乗り移ったかのように、GKカミンスキーがどうにかピンチを救った形だ。

 スコアレスドロー。どちらのチームが勝ち点1を拾ったのかは明らかだった。

 磐田は執念を見せた。13位に順位を下げたものの、降格圏とは勝ち点4差をキープしている。残りは2試合。次がホームでコンサドーレ札幌、そして最終節はアウエーで連覇が決まった王者、川崎フロンターレと戦う。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)