MLBオールスターの名打撃コーチが語る「イチロー、教え子、殿堂入り」

現役時代にイチロー選手とは4年ほど一緒にプレーしていますが、バッティングにおいてイチロー選手と共通点みたいなものはありましたか。
「打撃フォームを見ても似ているところはあるし、足の使い方などもそうだね。それにフィールドの全方向を使えることや、インパクトへのアプローチの仕方も近いものがあると思っています。なにより、私もイチローも打つことが大好きなんです。だから、イチローとはいつもバッティングの話をしていましたね」

今シーズン、飛躍的な成長を遂げたマリナーズのミッチ・ハニガー

── 近年、メジャーリーグは本塁打を含めた長打重視の傾向が見受けられます。でも現役時代のあなたは、そういうタイプとは異なるコンタクトヒッターでした。現在の打撃傾向についてどう思いますか。
「それが今の流れということなのだろう。選手たちはトレーニングを一生懸命するようになって、よりパワーをつけている。だけど、すべての選手がそういうタイプの打者というわけではなく、もともとコンタクトヒッターだった選手は、これまでと変わらずにミート中心のバッティングを心がけていると思います」
── 今回のMLBオールスターチームには、マリナーズのミッチ・ハニガー選手がいます。今シーズン、チームでMVP級の活躍をしましたが、ハニガー選手のすぐれている点はどのあたりですか。

関連記事(外部サイト)