マッチ感涙。近藤真彦監督がスーパーフォーミュラ初戴冠で新たな決意

マッチ感涙。近藤真彦監督がスーパーフォーミュラ初戴冠で新たな決意

マッチ感涙。近藤真彦監督がスーパーフォーミュラ初戴冠で新たな決意の画像

2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権は全ラウンドを終え、近藤真彦監督率いるKONDO RACINGがチームチャンピオンのタイトルを獲得した。KONDO RACING は2000年、国内トップフォーミュラに参戦。結成19年目にして、フォーミュラのカテゴリーで初の栄冠となった。


結成19年目にして初のチームチャンピオンを獲得した近藤真彦監督

 近藤真彦監督は歌手や俳優として知られている一方、現在はKONDO RACINGのチーム監督として、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久の「国内3大カテゴリー」に挑戦している。

 すでにスーパー耐久では、2016年にシリーズチャンピオンを獲得。だが、自身もかつてドライバーとして挑戦し、国内屈指の名門チームがしのぎを削るスーパーフォーミュラでのタイトル獲得は、近藤監督にとって大きな目標のひとつだった。

 リーマンショックによる経済情勢の悪化により、2009年には参戦を断念するなど、苦しい出来事も経験してきた。だが、2010年途中から活動を再開した以降も挫けることなく、一歩ずつ歩み続けてチームを強くしてきた。

 とくに、ここ数年はチーム内部の体制を見直し、昨年からニック・キャシディと山下健太という全日本F3選手権のチャンピオン経験を持つ両ドライバーが加入。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)