侍ジャパンの名遊撃手たちが見た「メッツの新生・ロサリオの守備力」



「バッティングも守備もまだ粗いですが、これから経験を積んでいけば確実性も出てくるでしょうし、メジャーを代表するショートストップになるかもしれない。とくに守備は現時点でも見るべきところがあり、身体能力を生かした動きは誰でも真似できるようなものではありません。現在、メッツが低迷しているため大きく脚光を浴びることはありませんが、素材は一級品。2、3年後、どんな選手になっているのか注目しています」

 はたして、このロサリオを侍ジャパンのメンバーはどう見たのか。今シーズン、遊撃手としてセ・リーグのゴールデングラブ賞に輝いた田中広輔(広島)は言う。
「動きがダイナミックで、リズムでボールを捕っている感じがします。それに手足も長く、体も柔らかいので、僕らがギリギリ追いつきそうな球でも簡単に捕ってしまう。打球に追いつくまでのスピードが速いですよね。数試合しか見ていないので詳しいところまではわかりませんが、彼の動きを見ていていいショートだなというのは確信しました」

 同じくパ・リーグの遊撃手としてゴールデングラブ賞に輝いた源田壮亮も続く。

「グラブさばきに関しては、普段はもっと確実にやっていると思うのですが、おそらく見せようとしていたのかな……と(笑)。ただ、ダッシュ力であったり、守備範囲の広さであったり、肩の強さであったり、そういう部分は僕らがいくら鍛えても追いつけないというか、身体能力の高さを感じます。

関連記事(外部サイト)