侍ジャパンの名遊撃手たちが見た「メッツの新生・ロサリオの守備力」

シーズン中にどんなプレーをするのか見てみたいですね」

 そして現役時代に7度のゴールデングラブ賞に輝いた侍ジャパンの井端弘和守備・走塁コーチの見方はこうだ。

「ロサリオに限らず、守備の確実性という部分では、正直、日本の選手の方が上だと思いました。ボールの捕り方、送球の正確性など、日本の選手の方が安定しているかなと。ただ、これはあくまで確実にアウトにできる範囲の話であって、ヒット性の当たりをアウトにしたり、難しい打球をゲッツーにしたりするのはメジャーの選手の方が長けていると思います。ロサリオの印象は、スピード感がありますよね。前後左右の動きがリズミカルで、ボールへの到達が速い。これに確実性が加われば、すごいショートになると思います」

 今回、来日したMLBメンバーで名実ともにスーパースターと呼べるのはヤディアー・モリーナぐらい。だが数年後、「あの選手も日本に来ていたのか……」となっている可能性はある。そしてそのなかに「あのロサリオも……」となるのかどうか。なかなかテレビで見る機会は少ないかもしれないが、ロサリオのプレーは今後も要注目である。

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)