錦織圭の2018年を振り返る。今季のデータが「復活」の何よりの証だ

錦織圭の2018年を振り返る。今季のデータが「復活」の何よりの証だ

錦織圭の2018年を振り返る。今季のデータが「復活」の何よりの証だの画像

最終戦は苦戦を強いられたが、来季はもっと強い錦織圭が戻ってくるだろう

 錦織圭は、ATPファイナルズでベストなプレーができなかったことを悔やんだが、2年ぶりに世界最高峰の舞台に戻って来られたことをあらためて誇りに思っていた――。

 男子テニスツアー最終戦・ATPファイナルズのラウンドロビン(総当たり戦)のレイトン・ヒューイットグループは、第2戦が終了した時点で準決勝進出者が誰も決まっていなかった。

 第7シードの錦織(ATPランキング9位、11月12日づけ/以下同)は1勝1敗で、準決勝に進出するためには勝利することが最低条件だったが、ストレートで勝つかフルセットで勝つかによって状況が変わり、さらにもう一つの試合結果によっても左右される複雑な状況であった。

 第3戦の対戦相手である第6シードのドミニク・ティーム(8位、オーストリア)とは、今季1勝1敗。直近の対戦である10月のATPウィーン大会準々決勝では、錦織がストレートで勝っていた。

 また第2戦で、第4シードのケビン・アンダーソン(6位、南アフリカ)に対して24回のミスをして、0−6、1−6で敗れた悪夢から、錦織がどう立て直してくるかも注目だったが、残念ながら修正は難しかった。

 第1セット第5ゲームで、錦織はブレークポイントを4回つかむが取ることができず、これがほとんど唯一の見せ場で、それ以降はまったくいいところなく、1−6、4−6で敗れた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)