日本も導入間近? JFA審判委員長に聞く「VARでサッカーはこうなる」

あらためて見たら『ミスだったな』と。では、主審あるいは副審がその時、なぜ適切なジャッジができなかったのか。ポジショニングの問題、競技への理解度などが関係しているのか。私たちはメディアの方々に、そうした背景を怖がらずに伝えていく必要があります」

 小川氏はまず、協会がジャッジについての情報をメディアに積極的に流すようになった意図から話し始めた。

小川佳実日本サッカー協会審判委員長

「FIFAはジャッジに対する公式なコメントはしないことにしていますが、Jリーグでは試合後、クラブから事象の確認の要請があった場合、審判アセッサーが、その事象についてどのように判定したかについて主審に確認し、該当クラブの関係者と映像を確認します。審判アセッサーは、主審の見方を伝えたうえで、映像からその事象がどうであったかの意見を伝え、場合によっては、『映像からは、PKとした判断は誤っており、適切な判断ではありませんでした』と伝えることにしています。

 ただ、それをクラブ関係者からメディアに伝わることは適切ではなく、また、世の中は混乱してしまうのではないでしょうか。そうした意味もあり、日本サッカー協会はレフェリーの判定に関して、可能な限りオープンにしようと考え、2年半前からメディアの方々に対して2カ月に1回の割合で、報告会を開催しています。

関連記事(外部サイト)