1軍と2軍が明確になった森保ジャパン。アジアカップに向けて悪材料

右SBとのコンビネーションプレーでも伊東のほうがいい。
 左サイドで先発出場した右利きの原口元気(ハノーファー)の症状は、堂安に似ていた。ポジションはどうしても内寄りになる。左SBとして代表初出場を飾った山中亮輔(横浜F・マリノス)と絡むシーンはほとんどなし。コンビとして成立していなかった。中島に先を越された焦りも手伝ってか、単独プレーばかりが目立った。

 中島は、原口と同じ右利きながら、サイドで深く構える余裕がある。それがプレーの選択肢を広げている。左SBとの連携も上々だ。

 南野に代わって先発を飾った北川航也(清水エスパルス)は、まだまだステディーではないが、底が割れていない魅力がある。南野より高い位置で構える選手だが、変化技も持ち合わせている。点がほしいときに、南野に代えて投入すると、面白そうな存在だ。

 アジアカップ。そのグループリーグで、トルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと戦う日本だが、注目は初戦のスタメンだ。ガチガチの1軍メンバーで臨んでしまうと危ない。繰り返すが、メンバーを初戦から固定化すると最後まで続かない。

 はたしてグループリーグの3戦で、フィールドプレーヤー20人中、何人の選手を使うことができるか。森保ジャパンへの期待値は、その人数に比例するといっても過言ではない。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)