2列目トリオにどこまで迫れるか。北川航也がブレイクする日は近い

2列目トリオにどこまで迫れるか。北川航也がブレイクする日は近い

2列目トリオにどこまで迫れるか。北川航也がブレイクする日は近いの画像

59分に大迫勇也(ブレーメン)と堂安律(フローニンゲン)、72分に中島翔哉(ポルティモネンセ)と南野拓実(ザルツブルク)が投入されると、膠着状態に陥っていた日本の攻撃に勢いが生まれた。中島にいたっては、出場わずか1分で森保体制初ゴールとなるダメ押し弾を決めている。


見事なアシストを決めて勝利に貢献した北川航也

 とりわけ味方がボールを持てば、「俺によこせ」とばかりにゴール前に一気に駆け上がっていく、2列目の3人の迷いなき姿勢は、さながら獲物を見つけた猟犬のように映った。

 森保一監督が就任して以来、わずか5試合。新生・日本代表のカギを握るのは、この俊敏で積極果敢な2列目トリオであることに、もはや異論はないだろう。

 もっとも森保監督は、彼らの能力を認める一方で、ベネズエラ戦後には「チームとして、もう1セットくらい幅とチーム力をアップさせられるように、より多くの選手が絡んでいけるようにやっていかなければいけない」と、今後のチーム作りについて見解を述べている。年明けに控えるアジアカップ、ひいては4年後のカタール・ワールドカップを見据えれば、選手層の拡充こそが、当然ながら求められるテーマとなる。

 4日前のベネズエラ戦から、スタメンをすべて入れ替えて臨んだ今回のキルギス戦。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)