【木村和久連載】ZOZO前澤氏には感謝。ジリ貧の男子ツアーを救え

【木村和久連載】ZOZO前澤氏には感謝。ジリ貧の男子ツアーを救え

【木村和久連載】ZOZO前澤氏には感謝。ジリ貧の男子ツアーを救えの画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第180回

 今年10月に行なわれた日本オープンゴルフ選手権(10月11日〜14日/神奈川県)をテレビの中継で見ていましたが、非常に地味な印象を受けました。

 ギャラリーの数を見てみると、最終日で8011人。4日間トータルで2万1142人と、4日間とも1万人割れ、と惨憺(さんたん)たるものです。

 会場が横浜カントリークラブ(横浜市保土ヶ谷区)という、非常に恵まれたロケーションで、しかも天候に左右されるほどの状況ではなかったにもかかわらず、この数字。まさに”スター不在”を物語っているようです。

 日本オープンの入場者数で言えば、最近好成績を残しているのは、狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県入間市)で行なわれた2016年の試合です。松山英樹選手が優勝を飾った大会で、4日間の観客動員数は4万5257人。それと比べると、今回はダブルスコア以上の差があります。

 NHKの視聴率も、今年は5%割れだったそうです。全盛時は10%に迫る勢いがあったのに、どうしたものやら……といった状態です。

 こうした日本の男子ツアーの現状を踏まえて、テレビ中継をはじめ、何かしら改善策はないか、考えてみたいと思います。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)