貴景勝が継承した「貴乃花魂」。元親方との4年間で得たもの

貴景勝が継承した「貴乃花魂」。元親方との4年間で得たもの

貴景勝が継承した「貴乃花魂」。元親方との4年間で得たものの画像

11月25日に千秋楽を迎えた大相撲九州場所で、東小結・貴景勝(千賀ノ浦部屋)が初優勝を飾った。22歳3カ月での初賜杯は、年6場所制となった1958年以降、6番目となる年少記録。また、初土俵からの所要26場所は元横綱・曙に並ぶ4位タイ、小結での幕内Vは9例目と、記録ずくめの快挙となった。


貴ノ岩(奥中央)らに初優勝を祝福される貴景勝(手前)

 入門時からの師匠だった貴乃花親方が突然退職したことにより、千賀ノ浦部屋に転籍して最初の場所での優勝は、”平成の大横綱”とうたわれた、かつての師匠の指導を忠実に守った結果でもあった。

 12勝2敗で西大関・高安(田子ノ浦部屋)と並んで迎えた千秋楽。東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋)をはたき込みで破り2敗を守った貴景勝は、歓喜の瞬間を東支度部屋で迎えた。結びの一番で高安が東関脇・御嶽海(出羽海部屋)にすくい投げで敗北。テレビ画面を見ずに優勝決定戦へ準備をしていた時に付け人から大関が敗れたことを知らされると、大きく息を吐いて兄弟子の貴ノ岩(千賀ノ浦部屋)と握手を交わし、喜びをかみしめた。

 優勝インタビューでは「決定戦になると思って準備していました。まさか(優勝)できると思っていなかったので、毎日の相撲を取り切れてよかったと思います」と話し、天皇賜杯を抱いた実感を「少し頭を整理するのに時間がかかりましたけど、徐々に喜びが増してきました」と、初々しくも落ち着いた口調で心境を吐露した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)