鹿島以前はMFだった西大伍。「中盤でプレーしたい欲は消えない」

うん。絶対前のほうが楽しいですよ。たくさんボールに触れるし」
――しかし、鹿島ではサイドバックひと筋というイメージも強い。
「そうですね。でも、確かにサイドバックとして鹿島でプレーすることで、日々成長できているという実感は今もあるので、それを否定しているわけではないんです。ただ、ここからさらに前や上へ行きたいと考えているし、そのためにも、中盤でプレーしたいという欲は消えないです」
――鹿島のサイドバックは歴代日本代表を経験している選手ばかり。鹿島へ加入したときはそういうこともモチベーションになったのではないでしょうか?
「僕がサッカーをプレーするうえで大事にしているというか、モチベーションになるのは、自分が成長できるかということなんです。成長するために移籍をしたし、毎日練習をしています。だから、鹿島で経験を積んで、そこからさらにステップアップしたいと考えていました。8シーズン在籍したわけですが、数多くタイトルを手にすることもできました。それは自分のキャリアにとっても大きな影響を与えてくれていると思います。今のところは自分のなかではすべていい方へ行っている。それでも、何が正解かなんてわからない。他のクラブでプレーしている自分と今の自分は比べられないから」
(つづく)

前へ 1 2 3 4 5 6 7

関連記事(外部サイト)