紀平梨花は女王ザギトワに勝てるか。GPファイナル女子展望

ザギトワと紀平がミスのない演技をすれば優勝争いは230点台になるが、ふたりが少しでもミスをすれば、宮原もその争いに加わるチャンスがある。
 さらに、スケートカナダのフリーのトリプルアクセルで転倒して合計が203.32点だったトゥクタミシェワは、NHK杯フリーではトリプルアクセルのGOEで0.34点の減点を取られながらも、他はノーミスで合計を自己ベストの219.02点にしている。SPの連続ジャンプは「安定しているジャンプなのでこれでいいと思う」と3回転トーループ+3回転トーループにするなど、迷いを感じていないところも不気味。220点台の優勝争いになれば彼女も名乗りをあげそうだ。
 また坂本は、213.90点を獲得したスケートアメリカからどこまで上積みできるかが見どころ。自己ベストが198.70点のサモドゥロワの上位進出は厳しいところだが、優勝争いと表彰台争いは、ちょっとしたミスでどうなるかわからない。それだけに、今年のGPファイナル女子シングルは混戦模様になりそうだ。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)