アトレティコはCL優勝の可能性十分。シメオネ采配が巧みすぎる


倉敷 シメオネはやり繰り上手です。移籍で選手を失ってもどんなタイプの強敵にも戦えるチームを毎回作ってくる。しかし、チャンピオンズリーグの本命には推しにくい。シメオネがマンネリ化しないよう工夫してやり繰りしているし、コーチ陣と選手の経験値でベスト4あたりまでは危なげなく計算できます。でも、そこからのプラスアルファに欠ける。アントワーヌ・グリーズマンやジエゴ・コスタが最後まで絶好調のシーズンでなかったらチャンピオンズで勝つことはないのかなという気もします。
小澤 たしかにそうですね。ただ、クラブの予算で見たら、やはり本命と言われるクラブの半分くらいの規模なので、そういう点ではよくやっているという評価をしてあげてもいいかもしれないですね。アトレティコは4億ユーロの予算となりそうですが、バルサの場合は倍の8億ユーロくらいの予算があるわけですし。
倉敷 アトレティコが優勝するなら前線の選手が好調でゴールを決め続ける、という条件付きですが、実は昨シーズンからの上積みはあります。ようやく新スタジアムでもカルデロン時代の凄味が戻ってきたという点です。メトロポリターノでの決勝までいけたら期待できますね。
中山 僕が今シーズンのアトレティコについて注目しているのは、決勝トーナメントで勝ち上がっていくなかで、いわゆる優勝候補に挙がっているような強い相手と対戦する時に、シメオネがアウェーでのドルトムント戦のような攻撃的な戦い方に打って出ることができるのかどうか、という点です。

関連記事(外部サイト)