谷繁元信は炭谷銀仁朗の移籍に懐疑的。「決断が2、3年遅かった」

谷繁元信は炭谷銀仁朗の移籍に懐疑的。「決断が2、3年遅かった」

谷繁元信は炭谷銀仁朗の移籍に懐疑的。「決断が2、3年遅かった」の画像

11月24日、西武からFA宣言した炭谷銀仁朗の巨人への移籍が決まった。2度のゴールデングラブ賞を獲得し、2015年にはベストナインにも輝いた炭谷の加入で、小林誠司らとの正捕手争いに注目が集まっている。
 しかし2018年シーズンを振り返ると、伊藤光(オリックス→DeNA)や大野奨太(日本ハム→中日)といった、炭谷同様に日本代表にも名を連ねた捕手たちは移籍先で思うような結果を残せなかった。移籍した捕手の難しさはどこにあるのか。2001年にベイスターズから中日に移籍し、両球団で日本一を経験した谷繁元信氏に話を聞いた。

西武からFA宣言し、巨人に加入した炭谷

――今回の炭谷選手の移籍をどう見ていますか?
「炭谷は移籍を決断するのが2、3年遅かったように思います。ここ数年、西武では森(友哉)や岡田(雅利)などが台頭し、出場機会が減って規定打席にも達しなくなっていましたから。私から言わせれば、プロ野球は”試合に出てなんぼ”の世界。それは炭谷もわかっていたでしょうが、西武の生え抜き選手ですし、育ててもらった球団への恩や愛着があって判断が遅れたのかもしれませんね」
――谷繁さんの炭谷選手の評価は?
「捕手としての能力は、配球、スローイング、ブロッキングなど、どれをとっても球界の上位にあることは間違いありません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)