中島翔哉の思いはシンプル。「サッカーを楽しんで、より成長したい」

中島翔哉の思いはシンプル。「サッカーを楽しんで、より成長したい」

中島翔哉の思いはシンプル。「サッカーを楽しんで、より成長したい」の画像

渦中の日本代表アタッカーがポルトガル屈指の名門ポルトとのアウェー戦に臨んだ。連日、ポルティモネンセに所属する中島翔哉の移籍の可能性が国内外で盛んに報じられている。新天地は、イングランドのウルバーハンプトン・ワンダラーズが最有力のようだ。

強豪ポルトとの試合でアシストを記録した中島翔哉

 ウルブスが戦うプレミアリーグは現在、世界随一のリーグと言える。ポルトガルのプリメイラリーガは全体のレベルでは大きく劣るが、この欧州最西端の国にはビッグ3と呼ばれるクラブがある。ベンフィカ、スポルティング、そしてポルトだ。3強は国内では図抜けた存在で、ベンフィカとポルトは2度の欧州制覇を誇る大陸の名門である。
 今季はセルジオ・コンセイソン監督の率いるポルトが首位を走っており、チャンピオンズリーグのグループステージでは首位通過を決めている。そんな強敵の本拠地での試合は、プレミアリーグというハイレベルな舞台に挑むかもしれない中島の今後を占ううえでも興味深い。
 雨のエスタディオ・ド・ドラガオンに両チームの選手が入場する。アウェーチームの最後尾は背番号10の中島だ。
 キックオフから試合の主導権を握ったのは、やはりポルトだった。ポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラが中盤でボールを捌き、ヤシン・ブラヒミやオリベル・トーレスらが軽快に仕掛け、コンビネーションを駆使してポルティモネンセ陣内に攻め入る。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)