大家友和が力説。「資格を持った人間にしか投げられない」魔球がある

大家友和が力説。「資格を持った人間にしか投げられない」魔球がある

大家友和が力説。「資格を持った人間にしか投げられない」魔球があるの画像

“魔球”ナックルボールについて尋ねたときのことだ。

「いずれなくなる運命にあるものだと思います」

 その声の主は、迷いなく言い切った。

 ナックルはボールの回転数が極端に少ないために空気抵抗を受けやすく、そのため不規則に変化する。それは投げた本人ですら「どこに行くのかわからない」と言うほどだ。まさに”魔球”であるが、それを使いこなせる投手は稀である。


ナックルボーラーになるには強い覚悟が必要だと語る大家コーチ(写真右)

 MLBでは200勝を達成したティム・ウェイクフィールが代表的な存在だが、現在においては2012年にサイヤング賞を獲得したR・A・ディッキーやボストン・レッドソックスのスティーブン・ライトぐらいしか目立った使い手はいない。

 日本球界もしかり。かつてロッテや巨人に所属した前田幸長は、ナックルの握りを活用したスライダーなどで活躍したものの、ナックルそのものを代名詞とするような日本人選手は出現していないというのが実情だ。

 現役では、横浜DeNAベイスターズのクローザー・山ア康晃がナックルを投げることができる。しかしプロになってからは、ルーキーイヤーの2015年のオープン戦、またオールスター戦といった舞台でしか投げていない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)