羽生結弦らトップ3が優位。格差拡大の男子フィギュア勢力図を読み解く

羽生結弦らトップ3が優位。格差拡大の男子フィギュア勢力図を読み解く

羽生結弦らトップ3が優位。格差拡大の男子フィギュア勢力図を読み解くの画像

羽生結弦が不在だった今シーズンのグランプリ(GP)ファイナル男子は、結局、ネイサン・チェン(アメリカ)と宇野昌磨の2強対決という構図が崩れることはなかった。ショートプログラム(SP)では、昨季世界選手権優勝のチェンと、平昌五輪銀メダルの宇野が、ともに4回転のミスひとつずつで92.99点と91.67点。そのふたりの後に、ミハル・ブレジナ(チェコ)が89.21点で続き、チャ・ジュンファン(韓国)が89.07点で追いかける形になった。

ファイナル優勝はチェン(写真中央)、宇野(左)は2位、チャ(右)が3位だった

 翌日のフリーでは、SP首位のチェンは4回転ルッツが回転不足になって転倒、次の4回転トーループも着氷を乱してステップアウトのミスをしながらも、最後の連続ジャンプは耐えて189.43点を獲得。合計を今季自己最高の282.42点にした。
 チェンを追う宇野は、4回転サルコウがダウングレードで4回転フリップが回転不足に。また、終盤の2本の連続ジャンプでも着氷を乱してGOE(出来栄え点)で減点されたが183.43点を獲得。合計はスケートカナダで出した今季自己最高に2.15点劣る275.10点にした。
 SP3位のブレジナは、最初の4回転サルコウが回転不足になって転倒するミスにとどめたが166.05点。チャは最初の4回転トーループで転倒も、ほかはノーミスで滑り切って174.42点。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)