中島翔哉の喜びはファンの喜び。ポルティモネンセに華を添える

中島翔哉の喜びはファンの喜び。ポルティモネンセに華を添える

中島翔哉の喜びはファンの喜び。ポルティモネンセに華を添えるの画像

ポルトガル南部のビーチタウン、ポルティマン。中島翔哉の所属するポルティモネンセが本拠を置く街には、ゆるやかな時間が静かに流れている。歴史を感じさせる石畳の通りと浜辺は美しいが、冬ということもあって、人通りは多くない。
 金曜日(現地時間12月14日)の夜に開催されたビトーリアFCとのホームゲームにも、スタンドの客席は半分も埋まっていなかった。大きな声援を送るサポーターの数は、アウェーからやってきた人の方が多いくらいだ。この日の観客数は2000人を超えるくらいだった。
 けれど、のどかなスタジアムが湧く瞬間はもちろんある。その多くは背番号10をまとった日本代表がボールを持った時だ。

ポルティモネンセの攻撃の中心となっている中島翔哉

 19時にキックオフの笛が鳴ると、序盤に左ウイングを任された中島がさっそく巧みなスキルを見せる。相手に囲まれながらも軽快に両足のタッチで密集をかいくぐり、攻撃を活性化。10分にCKからジャクソン・マルティネスがヘディングを放ち、こぼれたところをキャプテンのジャジソンが押し込んで、ポルティモネンセが早々に先制した。
 中島はその後、ボールを触る機会が減ったものの、時には下がってパスを引き出し、キックフェイントやクライフターンを交えて、徐々にリズムを取り戻していく。またディフェンスに戻って、絶好のタイミングで相手のパスをカットするなどして、積極的に試合に関与しようとした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)