データを徹底分析。有馬記念でレイデオロの勝利が見えてきた

データを徹底分析。有馬記念でレイデオロの勝利が見えてきた

データを徹底分析。有馬記念でレイデオロの勝利が見えてきたの画像

12月23日(日)、中山競馬場ではグランプリ・GI有馬記念(芝2500m)が行なわれる。
 20年以上昔の話になるが、サクラローレルが勝った1996年はなんと875億円という世界一の馬券販売額を記録し、ビッグレースとしてギネス世界記録にも登録された。競馬をあまりやらない人もレース名だけは知っていて、”ダービーと有馬記念だけは買う”という人も多いのではないだろうか。
 今年の大きな話題は、昨年の障害チャンピオン・オジュウチョウサンが武豊騎手騎乗で出走してくることだろう。しかし、人気の中心はGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を勝ったレイデオロ(牡4歳/美浦・藤沢和雄厩舎)と思われる。今回はこの馬に死角があるか、という視点で分析していこう。


天皇賞・秋を制し、有馬記念に臨むレイデオロ

 レイデオロは昨年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)勝ち馬で、今年はGII京都記念(京都・芝2200m)から始動。単勝1.6倍の圧倒的1番人気に推されたものの、出遅れと重馬場などの影響で3着に敗れた。また、続くGIドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)も4着に敗れて春シーズンを終えている。
 秋はGIIオールカマー(中山・芝2200m)から復帰。やや後方追走から、直線では最内を突き、昨年のGI皐月賞馬アルアインにクビ差をつけ、昨年の神戸新聞杯(阪神・芝2400m)以来となる約1年ぶりの勝利を飾った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)