心境に変化。宇野昌磨は全日本でモヤモヤを晴らしたい

心境に変化。宇野昌磨は全日本でモヤモヤを晴らしたい

心境に変化。宇野昌磨は全日本でモヤモヤを晴らしたいの画像

12月21日から開幕する全日本フィギュアスケート選手権の競技前日、20日の公式練習で宇野昌磨は冷静な表情を崩さなかった。
 宇野は、5年ぶりの全日本出場となった橋大輔と同じリンクに上がっての練習も、「見て学ばなければいけないこともたくさんあると思いますが、ここのところ試合でなかなかいい演技ができていないので、周りの人を見る余裕もないし、こういう場を楽しもうという気持ちの余裕もないです。今回は自分のいい演技をすることに集中していこうかなと思っています」と話した。

全日本3連覇を目指す宇野昌磨

 公式練習の曲かけは最初で、時間制限もあってフリーの曲は途中までの練習となった。
「本当はもうちょっとジャンプをやりたかったけど、一番目だったので無理して焦ってやるとよくないと思ったので、ジャンプはあまりやりませんでした」と宇野本人が言うように、滑り出してからは最初の4回転サルコウと4回転トーループはパス。その後、4回転トーループを跳んで、スピンを飛ばし、後半の4回転トーループからの連続ジャンプに挑んだがパンクして2回転に。そこで曲が終わったが、そのままトリプルアクセルまでを跳んだ。
 その後は4回転トーループ+2回転トーループをきっちり跳ぶと、4回転フリップは1回転倒した後にしっかり決め、4回転サルコウも3回目に決めた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)