「マラソンに向いていないのかなぁ」神野大地が苦しい胸の内を吐露

「マラソンに向いていないのかなぁ」神野大地が苦しい胸の内を吐露

「マラソンに向いていないのかなぁ」神野大地が苦しい胸の内を吐露の画像

神野プロジェクト Road to 2020(25)
前回の記事はこちら>>
 福岡国際マラソンで神野大地は2時間19分28秒、29位という成績に終わった。懸念していた腹痛、さらに低体温症も発症し、最大の目標だったMGC出場権を獲得できなかった。完璧な準備を整えてスタートしたにもかかわらず、4度目の腹痛発症は、神野のメンタルに深い打撃を与えている。

3月3日の東京マラソンでMGC獲得を目指す神野大地

 トレーナーの中野ジェームズ修一は、昨年の福岡から1年かけてその原因を探してきたが、まだその正体を突き止めることができていない。腹痛について改めて中野に話を聞いた。
―― 神野選手は25キロに痛みを感じてから、腹痛が起こらないように祈るばかりだったそうですが、現状ではその不安を抱えたまま走るしかないのでしょうか。
「なぜ腹痛が起こるのか。その原因はまだわかっていません。そのため、神野が今、腹痛を考えないようにして走ることは難しいでしょう。でも、そういう不安や問題は多くのアスリートが抱えていることもでもあるんです。ただ、彼らは何か起きた時の対処法を身に付けているんですよ。
 卓球の選手はミスすると『大丈夫』と頷く選手が多い。それは納得しているわけじゃなく、気持ちを切り替えるものなんです。こういうことは最初なかなかできないんですが、負けたり、悔しい思いをたくさんしていると、何とかしないといけないと考えるようになり、その術(すべ)を自分で探して見つけていくようになる。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)