卒業目前のプロ転向に懸念。PGAツアーが「ドラフト制度」導入を検討

卒業目前のプロ転向に懸念。PGAツアーが「ドラフト制度」導入を検討

卒業目前のプロ転向に懸念。PGAツアーが「ドラフト制度」導入を検討の画像

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス
 アメリカで注目のアマチュア選手がプロ転向を果たした。「オールミス(Ole Miss)」の愛称で親しまれるミシシッピ大学(ミシシッピ州オックスフォード)4年生のブラデン・ソーンベリー(21歳/アメリカ)だ。


プロ転向を決めたブラデン・ソーンベリー

 2017年にNCAA(全米大学体育協会)の個人優勝を遂げ、元世界アマチュアランキング1位でもあるソーンベリーは、先日行なわれた米PGAツアーの下部ツアーとなるウェブ・ドット・コムツアーの最終予選会(12月15日〜19日/アリゾナ州)に挑んだ。

 結果は74位。40位までに与えられる来季ツアーのフル出場権は得られなかった。しかしこの結果が、図らずもソーンベリーの決断を早め、来年6月の大学卒業を待たずしてプロになることを、彼は決めた。

「もし最終予選会を上位で終えて(来季の)ツアーカードを獲れていたら、春まで大学に残って、そのあとから(ツアーに)参戦したかもしれない。でも、(今回の結果を受けて)僕の気持ちはもう『プロになりたい』――そう強く思った。だから、すぐに(プロとしてツアーに)挑戦したい」

 そう語ったソーンベリー。ツアーへの出場資格を持たないが、「ソーンベリーの経歴があれば、きっと応援してくれるスポンサーはたくさんいると思う」というコーチらの強い後押しを受けて、今回のことを決断したという。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)