箱根駅伝「シード権争い」展望。予選会上位校の強化策は実を結ぶか

箱根駅伝「シード権争い」展望。予選会上位校の強化策は実を結ぶか

箱根駅伝「シード権争い」展望。予選会上位校の強化策は実を結ぶかの画像

箱根駅伝・全チーム戦力分析【予選会上位校編】
 第1弾の「シード校編」に続き、箱根駅伝の全チーム戦力分析の第2弾は、予選会を突破してきた11校のうち上位6校を紹介。激しいシード権争いを繰り広げそうな各大学の戦力をチェックしていこう。
シード校編はこちら>>

※紹介は予選会の結果順


ユニバーシアード・ハーフ金メダリストの4年の片西景 photo by Tamura Sho/AFLO SPORT

駒澤大学

高い総合力で”3強”にチャレンジ

 前回12位に沈み、今季は距離への対応を強化した。9年ぶりの予選会を史上最速タイムで走破してトップ通過。登録選手上位10名のハーフ平均タイムでも出場校全体の2位につけるなど、強化策が実っている。

 全日本は3年連続の4位に食い込むと、1万m記録挑戦会で山下一貴(3年)、伊東颯汰(2年)、加藤淳(2年)、片西景(4年)が28分30秒台の自己新をマーク。往路は17年ユニバーシアードのハーフで金メダルを獲得した片西、全日本8区2位の山下、同1区8位の加藤らが候補で、復路にも前回9区2位の堀合大輔(4年)、同10区4位の伊勢翔吾(4年)ら強力メンバーが控えている。

 やや不安のある6区を含めて、山をうまく乗り切ることができれば、3年ぶりのトップスリー返り咲きが見えてくる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)