横山ルリカが選んだ、2018年「ベストレース&ベストホース」

横山ルリカが選んだ、2018年「ベストレース&ベストホース」

横山ルリカが選んだ、2018年「ベストレース&ベストホース」の画像

アイドルユニット「アイドリング!!!」の結成メンバーで(2015年10月卒業)、現在は『めざましテレビ』(フジテレビ系)のリポーターや『競馬予想TV!』(CS・フジテレビONE)のアシスタント(2014年9月〜)をはじめ、『競馬血統研究所』(同前、2015年7月〜)、フジテレビ系列の競馬中継、『サンスポZBAT!競馬』のイメージキャラクターを務めるなど、競馬方面にも活躍の場を広げる横山ルリカさん。

 自身5年目の競馬シーズンも終わりを迎えるのにあたり、2018年の「ルリカ的名レース」「ルリカ的名馬」「ルリカ的競馬事件簿」を挙げてもらった。


9月の芦屋川特別でJRA通算4000勝を達成した武豊 photo by Yamane Eiichi /AFLO

 武豊騎手が「前人未到のJRA通算4000勝」という大偉業を達成された競馬界の記念すべき1年でしたが、馬に関してはとにかく、「常識が覆る1年」だったと思います。

 とくに印象的だったのは「何十年ぶりのV」。安田記念でモズアスコットが20年ぶりに連闘馬としてGIを制覇した時には「このローテーションでこんなに強い競馬ができちゃうんだ!」と感動しました。また、フィエールマンが関東馬として17年ぶりに菊花賞を制した時には、「えー、関東馬ってそんなに勝てていなかったんだ〜!?」と驚きました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)