高校サッカー。V候補の流経大柏に前橋育英、青森山田、大津が挑む

その勢いに乗って、”全員攻撃・全員守備”と”献身的なプレー”を身上とする大津が、選手権で初の戴冠を遂げても不思議ではない。

 この3校の他にも、中村拓海(なかむら・たくみ/3年)ら世代別代表が3人もいる東福岡(福岡県)、プレミアリーグのひとつ下のリーグとなるプリンスリーグ関東で圧倒的な強さを見せた矢板中央、大会屈指のFW西川潤(にしかわ・じゅん/2年)を擁する桐光学園(神奈川県)などと、こちらのブロックには名前を挙げればきりがないほど、有力校がズラリとそろう。

 はたして、組み合わせに恵まれた流経大柏が2度目の優勝を飾るのか、それとも激戦ブロックを勝ち抜いてきた実力校が栄冠を手にするのか。例年になく興味深い戦いの幕が、いよいよ切って落とされる。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)