全日本2位の橋大輔は、ソチ五輪後に自らの現役復帰を予言していた

全日本2位の橋大輔は、ソチ五輪後に自らの現役復帰を予言していた

全日本2位の橋大輔は、ソチ五輪後に自らの現役復帰を予言していたの画像

2014年のソチ五輪終了直後、橋大輔は笑いながらこんなことを話していた。
「銅メダルを獲ったバンクーバー五輪の後で辞めなかったのは、あの緊張感を捨てがたかったということもあると思います。だからこの先、いつか引退してもまたやりたくなってしまうかもしれません。まだ辞めたことがないからわかりませんけど(笑)」
 そんな彼の言葉を聞いていたからこそ、今シーズンの現役復帰を聞いた時に違和感はなかった。そして、5年ぶりに出場した全日本フィギュアスケート選手権で2位。2012年の2位以来の表彰台となった心境を橋はこう話した。 

全日本選手権で見事2位表彰台の橋大輔

「すごくいい演技をして表彰台に立ったわけではないので、『まさか。あれっ?』という感じで、結果にすごくびっくりしていて。ショートの得点差で逃げ切ったのかな、と想像しています。でも、表彰台に立つというイメージをして挑んでなかったので、何か違和感がありましたね。『立っちゃったな』という感じで。でも、『こういう出来でこの場にいたくないな』というか……。やっぱりスッキリした演技でここにいたかったなと思いました」
 20日の公式練習後には、「2週間前に跳べるようになった4回転トーループをショートプログラム(SP)に入れる予定はないですが、フリーには自分の緊張感などいろいろ考えながら、ギリギリまで悩んで決めたい」と話していた橋。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)