1年前のF1戦前予想を答え合わせ。フェルスタッペンを推したのだが…

1年前のF1戦前予想を答え合わせ。フェルスタッペンを推したのだが…

1年前のF1戦前予想を答え合わせ。フェルスタッペンを推したのだが…の画像

「2018年シーズン10大注目ポイント」の答え合わせ(1)

 2018年1月、『Sportiva』は今シーズンの10大注目ポイントを紹介した。はたして、その注目ポイントは実際にどのような結果となったのか――。答え合わせをしながら、2018年を振り返ってみよう。

「2018年シーズン10大注目ポイント@前編」はこちら>>>


マックス・フェルスタッペンはドライバーズランキング4位に終わった

(1)フェルスタッペンが史上最年少で戴冠なるか? → 【結果】×

 レッドブルが2017年シーズン後半戦に勢いを増し、三つ巴の戦いが増えたことを受けて、2018年はさらにその様相が激化するのではないかと予想した。

 実際、シーズン前半戦はそのとおりとなり、メルセデスAMG=5勝、フェラーリ=4勝、レッドブル=3勝という大混戦になった。しかし後半戦は、メルセデスAMG=6勝、フェラーリ=2勝、レッドブル=1勝とメルセデスAMGが独走し、ルイス・ハミルトンとのダブルタイトル獲得に終わった。

 とはいうものの、後半戦は実質的な速さでいうと、メルセデスAMGは3戦、フェラーリは1戦(ベルギー)、レッドブルは3戦(アメリカ、メキシコ、ブラジル)で最速の存在で、勝利を挙げていてもおかしくなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)